事業内容

有機加工食品JAS規格ってなに?

有機加工食品JAS

本来、有機(オーガニック)は、無農薬・無化学肥料での栽培のことですが、これまでは、有機農産物の表示ガイドラインには強制力がなかったために「有機低農薬栽培」とか「有機減農薬栽培」といったあいまいな表現が使われてきました。

そのため、農水省は、日本農林企画(JAS)法を改正して有機農産物、および有機農産物加工食品にJASを導入。これによって2001年4月から、登録認定期間の検査を受けて合格した農家やメーカーだけが、野菜や加工食品に有機JASマークを付けて表示できるようになりました。
 

有機黒豆水煮

有機あずき水煮

有機大豆水煮

有機加工食品の日本農林規格【生産の原則】

目的:
原材料である有機農産物および有機畜産物の有する特性を、製造または加工の過程において保持すること
1)
物理的または生物の機能を利用した加工方法を用い
2)
化学的に合成された食品添加物および薬剤の使用を避けること

皆様が安心出来る食品加工を目指して

株式会社マルワでは、安全・安心性に優れた食品を提供しており、煮豆、惣菜、レトルト食品の加工に特に力を入れております。煮豆や惣菜、菓子、保存食品の製造・卸売をはじめ、加工食品、業務用食材を取り扱うプロとしてこだわりの食材や食品を発掘して取り扱っており、多様化する消費者のニーズを汲んだオリジナリティ溢れるお惣菜のご提案から具体的サポートまで、お客様の想いをカタチにしてまいります。
お客様に満足して頂ける商品を常にご提供出来るよう新商品の開発にも余念がありません。
万全の安全管理、衛生管理を徹底し、おより製品づくりに日々挑戦しつづけます。


|受託製造(OEM)による商品の開発


弊社では、お客様のご要望によって煮豆や保存食品の他社ブランド又は他社の仕様にて商品を依頼製造開発も可能です。

食品の委託加工をお考えの企業様にお応えいたします。

原料の調達から、調理加工、包装も全てサポートいたします。
ただし、健康食品のOEMは、ゼロから作る場合自由度が高い反面、とても決めることが多すぎてムダに時間を費やしてしまうこともよくあります。


食品加工工場様からのご要望



 商品提案力を強化して、商品をもっとアピールしたい。
□ 少ロットであるため、製造ラインの都合上他社に委託したい。
□ コスト削減(原料・物流・生産工程)のアドバイスが欲しい。 


このような煮豆や保存食品、健康食品の受託製造(OEM)をお考えの方、又はお困りではございませんか?

これらの課題は全て解決できますのでご相談下さい。

食品加工から納品までのこれまで蓄積した経験を生かして


弊社では様々な工場の製造ラインで食品開発をしてきました。
その結果、単一的な製造手法ではなく、各メニューに適した工程ノウハウが蓄積され、今では食品加工工場様から多くのご依頼をいただいております。

他社から依頼のあった長期保存食品の開発

日阪製作所製 温水式レトルト殺菌機

計器パネル

動作表示パネル

温度経過グラフ

操作スイッチ

F値センサーの設置

F値センサーの設置

F値センサーの設置

上部金具よりセンサーを挿入

開始前 計測器本体

計測20分経過

計測60分経過

処理後の色調の変化

ページの先頭へもどる